たるみ除去を行なおう|目の下に貯まる脂肪を排除する方法

微笑むウーマン

肌の弾力を取り戻すために

女の人の横顔

加齢と共に気になる悩み

顔のシミやシワ、たるみは年齢を感じさせ、老けた印象を与えます。特に目の下のたるみは影を作り、黒クマとなってさらに疲れたように見えてしまいます。目の下のたるみの要因は、主に加齢によるものと言われています。人間の筋力は20代後半から衰えていきますが、目の周りの筋力の衰えがたるみの原因となります。目の下には眼窩脂肪という脂肪がありますが、眼輪筋が支えきれずに飛び出してしまうのです。日常生活では、長時間のパソコン作業やスマホの操作など、まばたきをせずにモニターを注視することでも眼輪筋が衰えてしまいます。また、加齢によりヒアルロン酸やコラーゲンが減少することで、肌の弾力が失われる事も原因となります。そしてあまり知られていないのが、油分が多い化粧品に含まれる流動パラフィンという成分です。流動パラフィンが細胞に絡みつき、重さで下がって来るとも言われています。

様々な治療法

目の下のたるみ対策として、アイクリームによるケアや表情筋のエクササイズは自宅で出来るものです。しかしどうしても気になる場合、すぐに改善したい場合は美容外科クリニックに頼ることになるでしょう。目の下のたるみ治療でポピュラーなのは脱脂術です。たるんでいる眼窩脂肪そのものを取り除く方法で、効果は半永久的に持続します。次にヒアルロン酸注入で目元をふっくらさせる方法ですが、効果は数か月から半年と程度です。脱脂術もヒアルロン酸注入も、傷は最小限になりますがメスや針を体に入れることになります。その点、次に挙げるレーザー治療はより気軽に受けられる治療と言えます。レーザー治療にはサーマクールやヤグレーザーなどがありますが、基本的にはレーザーを照射することでコラーゲンの増殖を促すものです。体に負荷がかからず、即効性があるという評判です。以上のようにたるみ治療法を説明しましたが、簡単に特徴を挙げたのみです。実際には、医師とよく相談して最適な治療法を選択しましょう。